沿革

会社沿革 History

  • 1948年 03月 当社の前身である杉村電業社を創立。現千本工場において、電気機器の製造販売を開始する。
  • 1951年 06月 東洋電産株式会社に改組、資本金を100万円とする。アルミニウム合金地金の製造販売を開始する。
  • 1953年 03月 アルミニウム砂型鋳造および金型鋳造を開始する。
  • 1954年 08月 アルミニウムダイカストおよび亜鉛ダイカストの製造を開始する。
  • 1956年 04月 大諏訪工場建設
  • 1958年 05月 資本金を300万円に増資する。
  • 1958年 10月 本社を大諏訪工場へ移転し、合金、鋳造、加工の一貫生産を計る。
  • 1959年 06月 資本金を1,000万円に増資する。
  • 1961年 07月 資本金を2,500万円に増資する。
  • 1967年 10月 アルミニウム合金工場を増改築する。
  • 1970年 07月 資本金を3,750万円に増資する。
  • 1971年 07月 千本工場を増築する。電気試験設備および加工設備を増設する。
  • 1973年 04月 資本金を5,000万円に増資する。
  • 1977年 09月 岳南工場を建設する。ダイカスト専門工場とする。
  • 1985年 05月 岳南工場内に本社棟を建設し、本社機能を移転する。
  • 1989年 07月 NMG(100V車載発電システム)の製造および販売を千本工場にて開始する。
  • 1995年 12月 大諏訪工場改築を完了する。重力鋳造製品の主力工場とする。
  • 2000年 12月 ISO9002認証取得する。 登録番号 0777 (本社・岳南工場、大諏訪工場)
  • 2003年 09月 ISO14001認証取得する。 登録番号 E688 (本社・岳南工場、大諏訪工場、千本工場)
  • 2003年 10月 ISO9001認証取得する。 登録番号 0777 (本社・岳南工場、大諏訪工場)
  • 2004年 04月 資本金を1億円へ増資する。
  • 2005年 01月 タイ現地法人を設立する。
  • 2010年 06月 タイ現地法人の資本金を220,000,000 Bahtへ増資する。
  • 2010年 07月 タイ現地法人にてダイカスト鋳造製品の生産を開始する。
  • 2015年 10月 ISO9001認証取得する。 登録番号 0777 (千本工場)